国際ツーリストビューロー、創業60年を迎えました

 

創業60年の記念日にあたって

 

2017年6月1日              

労働者協同組合 国際ツーリストビューロー

                                        理事長 富田 秀信     

  

 国際ツーリストビューローが神戸の地に誕生して、今年6月1日で満60年を迎えました。

この長きにわたりご愛顧いただきました皆さま方に厚く御礼申し上げます。

 

 一つの街の旅行社がこの歳月を全うしていることは、業界内外に於いて一定の評価をいただいていることは確かです。しかし長いだけで全てよしとすることはできません。

  確かなことは、阪神淡路大震災をはじめ幾多の厳しい貴重な体験を重ねてきたことです。多くの体験は多くの教訓を導きだします。前途多難な旅行業界において未来を見据えたとき、過去から正しい方針を展望できるでしょう。

 

10年前の創業50周年に、私たちは、「プライド」をキーワードに「街の旅行社が50年間存在した理由(わけ)」と題する記念誌を発刊しました。仕事への誇りをもち旅行業界での社会的役割を果たしてきたことを示しました。

  そして議論をかさね、それをさらに目に見える形で示す一つの選択が8年前の株式会社から労働者協同組合への組織移行でした。 

それは「旅は文化」と捉える顧客、業界、地域の方々とともに、新たな旅の価値を見いだしていく協同です。その仲間と事業、社会運動で共同歩調をとり、職場でもそれに見あう組織体を作り上げていくものでした。いまは未だ労働者協同組合には法人格がないので、株式会社としての旅行業登録を維持していますが、その方向を目指しての事業と組織運営をすすめています。

 

旅にかかわる多くの皆さんとの「協同の輪」こそが、これからの中小旅行体の生きる道だと確信しています。

  そのことが創業60年目の大総括であり、今後の大展望になっていくのでしょう。